読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペペウナ日記 〜毎日、ダイスキを見つけよう〜

アトピーっことの日々のケアや、私の徒然なる挑戦日誌

何年かぶりの試験

薬膳・漢方検定を受験してきました。

 

穏やかな天気の中、某大学キャンパスにて実施されたこの試験。薬膳に関する超超初級のこの試験、受験者そんな大層な数ではないだろうと思ってましたが、スミマセン、舐めてました。この会場だけで千人越え。薬膳ブーム、キテますね。

自分の番号チェックして受験番号の指定席に着席。やたら新鮮な気持ちになったので、資格受験がいつぶりなのかを考えてみたら、子供を産んでから行っていないことに気づき、かれこれ5年ぶり!

妊娠する前までは毎年何かしらの試験は受けていたし、ちっちゃい会場での個別試験なんかも定期的に受けていたのに…。

決して怠惰に過ごしていたわけではないし、勉強する気がなかったわけでもないけれど、いかに1人目の出産からの5年間、子供に精一杯で、それしか見えていなかったのか。

そして今年に入って、超超初級だけど、この資格受けようと思って受験したことを、自分を褒めてあげたい気持ちになりました(おおげさ)。

 

受験票を机に置いて試験開始までの時間をドキドキしながら過ごしていると、テンション上がってきちゃってちょっと楽しくなってきました。ちょこっとだけ学生気分。

あの頃、こんな気持ちで勉強に励んでいたら、いやこんな気持ちになれる分野を見つけていたらと思うと、もったいないことをした気分になりましたが、それはそれ。必要な過程だったのだと思うのでいいのです。むしろ今、勉強することが楽しいって幸せだなぁって。

この歳になって、若い人たちに勉強しろよって言う年配の方の気持ちがしみじみとわかっちゃいました。ほんと、今しかないから!大変で辛いかもしれないけど頑張って!

子供が大きくなったら自分が楽しいと思えること、見つけて勉強しなよって言いたいな。そのためにはまず基礎、固めなきゃなんだけど。

 

いよいよ試験開始時刻が近づいてくると、目立つのはかなりの空席。

試験にしてはお安いけれど、せっかく申し込みしてお金払ってるのに受験しない方々の多いこと。なんてもったいない。そりゃまあ合否はあるにしろ受験するだけすればいいのに、なんて老婆心がちろちろ。多分、今回の試験ってテキストそれなりに読めば合格する気がするので、合格率下げてるのは未受験者数の割合なんだろうなって察しました。

 

受験はマークシート方式。

びっくりしたのは試験開始前に受験番号、記名を試験監督の指示に従って実施すること。こんな手厚い試験ってある?よっぽど間違う人が多かったんだろうなぁ。

いよいよ試験開始。始まってしまえば各自カリカリとやっていくわけですが、わたしは一通り問題を解いて回答した後、改めてマークシートに記入していく派です。答えが微妙な問題はお悩み中のマークをつけてズンズン進みます。と言うのも心配性なので、一個一個解いていった場合の間に合わなかった場合が怖すぎるためです。

皆さんは一個一個解いてく派でしょうか。それともわたしも同じ、一通り解いちゃう派でしょうか。

 

なんにせよ試験も無事終わり、全て回収後、答えが微妙な箇所を見返してみると合ってる!よしよしと思いきや、違うところがやたら間違ってる…

あわわわ。

合格ラインは70点。

試験結果は4月上旬。

受かってたら薬膳のお勉強、ステップアップしようと考えてます。

 

さあ、どうなるのかドキドキです。