読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペペウナ日記 〜毎日、ダイスキを見つけよう〜

アトピーっことの日々のケアや、私の徒然なる挑戦日誌

実は危ない食べ物…マーガリン

いわゆる

市販されているお菓子には

何が含まれているでしょうか。

 

ぱっと裏返して

成分表示を見てみてください。

 

結構な高い確率で

植物油脂、ショートニング

もしくは

ファットスプレッド

マーガリン

と書いてあると思います。

 

私自身、

小さい頃にはトーストしたパンには

マーガリンを塗って美味しい美味しいと言って

食べていた覚えがあります。

 

しかし、ある時期を境に

テレビCMではあまりマーガリンの名前を聞かなくなり

また自分自身もバターや、はちみつやジャムを好んで食べ始めたので

マーガリンからは遠ざかりました。

 

このある時期というのが

アメリカでのマーガリンおよび植物油脂が

規制された頃です。

 

わたしも誤解していたのですが、
マーガリンは味の付いたプラスチックだから
消化できないなどと
聞いたことがあります。
これは見当違いのお話で、
固形化しているためにプラスチックの様な

性質を持つ、という意味でした。

 

マーガリンは
酸化しやすく品質が劣化しやすい植物油に
水素添加という化学処理を施して
組成を安定させて固体化させたものです。
植物油に含まれる不飽和脂肪酸
化学処理によってトランス脂肪酸に変化したのです。

 

アメリカ政府では

すべての食材には植物油脂の表示義務があり、

その食材の何%を占めるのかを

明確にしなくてはいけません。

ここまで敏感に厳しく取り締まるのには

トランス脂肪酸の危険性が高いからです。

 

トランス脂肪酸は摂取量に気をつけるべき

危険な脂肪酸

悪玉コレステロールを増やし

善玉コレステロールを減らす

という二重の働きで心臓病へのリスクを高めます。

また免疫力を低下させるので

アトピー性皮膚炎などのアレルギーの

素因になるとも言われています。

 

しかしながらこの腐らない油というのが

工場生産やファーストフードの調理などには

とても都合が良い。

 また油の原料も、

遺伝子組み換えトウモロコシや大豆を使えば

とても安価にすみます。

 

腐らないので管理しやすく、

また安価であるために

工場でバンバン作られている

一般的なスーパーに並ぶ食品のほとんどに

含まれています。

 

脱ステを始めて、

食事によってかなりお肌の状態が左右されることに気づいた頃から

成分表を見るのは習慣化していました。

 

植物油脂やマーガリン、ショートニングなどが

入っていないものを探そうとすると、

ほんと嫌になるくらい

少ないです。

クッキーなどのお菓子はほぼ全滅です。

お菓子の他にも、カレールウ、パン、

加工食品などに当たり前のように使用されています。

 

今現在、健康的で問題がないからといって

やり過ごすのではなく、

気づいた時点から気をつけていきたいものです。

 

できれば製造販売者側にも。