読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペペウナ日記 〜毎日、ダイスキを見つけよう〜

アトピーっことの日々のケアや、私の徒然なる挑戦日誌

納豆は健康食品なのか

大学生のときに今でも健康食品として根強い人気のヨーグルトに含まれる乳酸菌の研究をしていました。

乳酸菌が腸内フローラに良い影響を及ぼすことは周知の事実、ではどうやって腸内環境にとどまり効能を発揮するのか。腸内に付着するためのタンパク質の同定をしていました。

一にも二にも、研究に必要なのは生きた乳酸菌。

 

かわいい菌たちをコンタミから守るために納豆ご法度の暗黙ルールがありました。納豆菌は繁殖力が強く、納豆を食べた日に乳酸菌を生やしているシャーレに触ろうものならあっという間に侵食されてしまいます。

 

そんな思い出を彷彿とさせるように今現在納豆ご法度状態です。

 

もともと、納豆はよく食べていました。腸内環境を整える効果が乳酸菌よりも高いと口コミであり、アトピー改善には腸内環境を整えることが必須だと考えていたからです。

しかし、脱ステ後顕在化した娘ちゃんのお肌の赤み。

なんとなく、納豆を食べた次の日に反応が出ているような?怪しかったので食べるのを一時中断していました。

 

そして、久しぶりに食べてみた日の翌日、やはり、赤みが強くかゆみも強くなってしまったのを見て、納豆が原因だと確信しました。

 

でも待てよ。

お味噌汁とかは大丈夫。

 

となると、大豆アレルギーではなく納豆特有なのかなと思い調べてみると、それっぽいのが出てきたのでご紹介します。

 

原因かも①

遅延型フードアレルギー

 

これ、知らなかったです。

 

ふつう食物アレルギーは食後すぐ反応が出ます。口の周りが赤くなったりかゆみが出たり、

ひどい方だと嘔吐したり様々です。私の勝手なイメージでは、アレルギー反応ってこれだけだったのですが、遅延型アレルギーなるものがあるそうです。

 

……以下、引用文………

食物アレルギーをめぐる問題点は決して少なくない。例えば、わが国の乳幼児において、極めてポピュラーな疾患であるアトピー性皮膚炎は覆面型食物アレルギーの代表的な疾患であるが、この覆面型食物アレルギーの概念がほとんど理解されていないと言う実態がある。覆面型食物アレルギーは1944年、Herbert J. Rinkelにより提唱された。図に示したように、原因食物を完全に中止すると数日後に症状は軽快するが、その食物に対する過敏性が亢進する。さらに除去を続けると、この過敏状態は数週の経過で低下する。そして、数カ月〜数年の除去により、潜在的過敏状態を経て、原因食物を数日に1回程度、食べ続けても症状の出ない状態、すなわち、耐性獲得の状態となる。しかし、再び原因食物を頻回に食べ続けると、もとの覆面型食物アレルギーの状態、皮膚症状の場合はアトピー性皮膚炎の状態に戻ってしまうのである。つまり、原因食物を毎日あるいは2〜3日に1回以上、摂取している場合は、覆面型食物アレルギーの状態となり、持続的にアレルギー症状を呈すということのみならず、誘発反応がマスクされて、仮に原因食物を大量に摂取したとしても、症状の誘発、増悪は通常、見られないのである。アトピー性皮膚炎においてもう1点重要なことは皮膚症状の軽快には超微量の除去が必要であるということである。患者の過敏度にもよるが、除去食療法や経口誘発試験の経験からは、マイクログラムレベルの除去が必要と考えられる。すなわち、十数μgのアレルゲンを日々摂取している状態では皮膚症状の改善すら見られず、また、皮膚症状が存在する状態では、逆に1グラム程度の負荷でも皮膚症状の悪化が認められないということである。この点は除去食療法を指導する医師にとっては、覆面型食物アレルギーの概念の認識同様、重要であり、不十分な除去で軽快しない、あるいは皮膚症状存在下の負荷試験で皮膚症状が誘発されないということをもって、当該アレルゲンの関与を否定してしまうという誤りに陥っている場合が決して少なくないと考えられる。また、このためにさらに食物除去の範囲を広げるという愚を犯してはならない。

http://user.shikoku.ne.jp/manabeto/niped-18.htmより引用

…………………………

 

要するに、ぱっと見わからないけど

なんとなーくこれを食べた日の翌日反応が強いものが思い当たったら遅延型アレルギーが怪しいです。特定するには数日間の除去が必要なため医師と相談された方が良いかと思いますが、娘ちゃんは経験則的にこれが怪しいと思います。

離乳食期に毎日(多い時には1日2回)食べてましたから。あの時知っていれば。

後悔先に立たず、です。

 

原因かも②

リノール酸

豆類に含まれるリノール酸アトピーには大敵。アレルギー症状を促進します。

納豆ももちろん含んでおり、さらに発酵しているために酸化が進んでいます。

 

リノール酸と活性酵素が結合することにより、皮膚や粘膜に炎症も起こりやすくなります。

 

おそらく、娘ちゃんの場合は両方が作用して身体の赤み、かゆみにつながったんじゃないかと思っています。

 

なんにせよ、納豆はまたしばらくお預けです。

 

 

 

なんでチョコを食べると痒くなるのか

うちの子たちが

顕著に痒くなる食べ物がいくつかありますが、

その1つがチョコレートです。

 

虫歯予防のためにそんなにあげてはいなかったのですが、

幼稚園に入った頃から

お兄ちゃんは解禁しました。

 

たまーに食べるチョコレート。

私もわかります。

幸せな気分になります。

とろける〜って思います。

 

しかしこれが、脱ステ後になると

顕著に痒くなってしまうことに気づいたのです。

 

普通のお菓子を食べてもある程度痒くなってしまうのですが

(なので食べないのが1番楽)

チョコレートの場合は就寝後にもぞもぞ掻いてズボンを脱いでしまうほど。

 

何がそんなに悪いのかって

成分表を見てみると納得しました。

 

例 明治の板チョコ

原材料:砂糖、カカオマス、全粉乳、ココアバターレシチン(大豆由来)、香料

 

おーい。

カカオよりも砂糖が多いじゃないか(笑)

しかも白砂糖でしょう。

 

白砂糖は、砂糖と名前がついてはいても

歴とした食品添加物

せっかく栄養がある原材料を

精製して薬剤につけて精製して、

綺麗な白色になった物質です。

自然界には存在しない物質のため、

当然のことながら人間のお腹の中で消化するにも

ビタミンB1を道連れにかなりの無理をしないといけません。

ざっと調べただけでも白砂糖の影響は

下記の通り。

 

 【白砂糖の摂取により現れる症状】
・免疫力低下(かぜや病気にかかり易くなります) ・便秘 ・歯を磨いても治らない虫歯 ・肌荒れ ・肥満 ・イライラ・倦怠感 ・胸焼け ・高血圧症 ・骨粗しょう症アトピー自律神経失調症 ・視力低下 ・肩こり ・精神疾患 ・心臓疾患 ・呼吸器系疾患 ・妊娠異常(カルシウム不足による) ・脳の機能障害 ・血糖値の急激な上昇 → 糖尿病 ・精子欠乏症 ・卵巣発育不全 ・不妊体質促進(体を冷やす作用による) ・抗菌作用減退 ・がん

 

もちろん、これらを全て発病するわけでもないし、

総じて言うとこんな可能性がありますって

話です。

1つの食品添加物が与える影響にしては

大きいなというのが正直な感想です。

腸に負担をかけるところから

いろいろな機能障害にまで発展するのだろうけど、

結構怖いですよね。

 

どうせ甘いのを食べるのならば

ビタミン、ミネラルが取れるようなもので

摂取したいし、させてあげたい。

そう思います。

 

チョコレートは

遥か紀元前2000年頃から

高貴な方々の嗜好品でした。

おそらくカカオの薬効効果が高かったので、

薬のように扱われていたと考えられています。

しかしながら、その頃のチョコレートには

余計なものは入っていないはず。

世の中、大量生産を実現して

消費者に安定供給するのと共に、

失われていくものもたくさんあるのではないでしょうか。

実は危ない食べ物…マーガリン

いわゆる

市販されているお菓子には

何が含まれているでしょうか。

 

ぱっと裏返して

成分表示を見てみてください。

 

結構な高い確率で

植物油脂、ショートニング

もしくは

ファットスプレッド

マーガリン

と書いてあると思います。

 

私自身、

小さい頃にはトーストしたパンには

マーガリンを塗って美味しい美味しいと言って

食べていた覚えがあります。

 

しかし、ある時期を境に

テレビCMではあまりマーガリンの名前を聞かなくなり

また自分自身もバターや、はちみつやジャムを好んで食べ始めたので

マーガリンからは遠ざかりました。

 

このある時期というのが

アメリカでのマーガリンおよび植物油脂が

規制された頃です。

 

わたしも誤解していたのですが、
マーガリンは味の付いたプラスチックだから
消化できないなどと
聞いたことがあります。
これは見当違いのお話で、
固形化しているためにプラスチックの様な

性質を持つ、という意味でした。

 

マーガリンは
酸化しやすく品質が劣化しやすい植物油に
水素添加という化学処理を施して
組成を安定させて固体化させたものです。
植物油に含まれる不飽和脂肪酸
化学処理によってトランス脂肪酸に変化したのです。

 

アメリカ政府では

すべての食材には植物油脂の表示義務があり、

その食材の何%を占めるのかを

明確にしなくてはいけません。

ここまで敏感に厳しく取り締まるのには

トランス脂肪酸の危険性が高いからです。

 

トランス脂肪酸は摂取量に気をつけるべき

危険な脂肪酸

悪玉コレステロールを増やし

善玉コレステロールを減らす

という二重の働きで心臓病へのリスクを高めます。

また免疫力を低下させるので

アトピー性皮膚炎などのアレルギーの

素因になるとも言われています。

 

しかしながらこの腐らない油というのが

工場生産やファーストフードの調理などには

とても都合が良い。

 また油の原料も、

遺伝子組み換えトウモロコシや大豆を使えば

とても安価にすみます。

 

腐らないので管理しやすく、

また安価であるために

工場でバンバン作られている

一般的なスーパーに並ぶ食品のほとんどに

含まれています。

 

脱ステを始めて、

食事によってかなりお肌の状態が左右されることに気づいた頃から

成分表を見るのは習慣化していました。

 

植物油脂やマーガリン、ショートニングなどが

入っていないものを探そうとすると、

ほんと嫌になるくらい

少ないです。

クッキーなどのお菓子はほぼ全滅です。

お菓子の他にも、カレールウ、パン、

加工食品などに当たり前のように使用されています。

 

今現在、健康的で問題がないからといって

やり過ごすのではなく、

気づいた時点から気をつけていきたいものです。

 

できれば製造販売者側にも。 

 

 

アトピーっ子とお風呂

脱ステを始めた時に

最初にお世話になった皮膚科では

脱石鹸

脱保湿

脱入浴

を申し渡されました。

 

脱石鹸は

ボディーソープ、シャンプー、リンスを

一切使わないこと。

そもそも毎日毎日石鹸を使って落とすほど

皮膚に汚れはついていないから必要ない。

また、

石鹸を使うことにより

皮脂を余計に洗い流してしまい、

本来備わっているはずの

バリア機能をも破壊してしまう。

これらについては、

納得したし、

なにより脱ステ以前から実践していた部分もあり、

取り入れやすかったように思います。

当時、“湯シャン“なんて概念をわたしは知らなかったのですが
髪のため、地肌のためにシャンプーを使わないことが
一部美容雑誌では取り上げられていたそうな。

湯シャンも、しばらく実践しましたが

頭皮の香りがやはりしてきます。

取りきれない汗とか、皮脂なのかな。

髪もそこそこ絡まってしまうようになったので、

シャンプーに関しては

毎日、ではなく3日に一回くらいにしています。

 

脱保湿は

入浴後の保湿を一切しないこと。

薬(この時は亜鉛華軟膏)を赤いところに

塗布して終わり。

これについては言ってることは納得できる。

皮膚本来のバリア機能を回復するため。

でも辛かった。

始めた1、2ヶ月は全然大丈夫で

むしろ調子が良いくらいだったのだけど、

3ヶ月目に入ると

ステロイドのリバウンドが激しくなってきて

脱保湿どうのをしている場合ではなくなった。

昼夜を問わず、

掻きむしってしまう息子ちゃん。

爪を常に短くしていても

どうにもこうにもならないので、

手袋常備。

なんでも一気に進めてしまうのは

それなりのリスクがあるなと実感しました。

この時はドバーッと反応が出て

どうにもならなかったけど

ちゃんとお肌のケアをしつつ

まずは脱ステを進めるべきだったのかなっと

今になって思います。

 

脱入浴は

そのまんま。

湯船に浸からないでシャワーだけ。

これが何気に1番辛かったのです。

始めたのが11月で寒い時期だったのもありますが、

我が家はお風呂大好き一家。

ゆったり湯船につかれないことが

とてもとてもストレスになりました。

湯船に浸かることで

やはり、お肌の皮脂が余計に

取れてしまうということで。

基本的には入浴なし。

浸かっても5分以内という生活をしました。

 

でもやっぱり

お風呂でゆっくり過ごすことは

我が家にとっては大事なコミュニケーション。

続けられるはずもなく、

入浴に関しての

工夫に四苦八苦していくことになるのです。

食事=身体の構成物質

f:id:pepeuna1320akc:20170126235607j:image

本日の夕飯、

レンコンとごぼうの天ぷら

でした。

 

食事。

毎日欠かさず行うこと。

お腹を満たすもの。

ひいては、心を満たすもの。

 

でもそれが今後の

私たちの身体を構成していくものだって

本当に意識している人って

どのくらいいるのでしょう。

 

少なくとも、

私は意識していなかったように思います。

 

昨年10月に受けた食育セミナーで

私は衝撃を受けました。

この当たり前の事実に目を向けず、

その日その日で

これを食べたらこんな影響が出た、とか

やっぱりこの食材は良くないんだ、とか。

それも間違ってはないはず。

だけど根本的なところではなかったわけで、

すごい目の前がパーって開けたんです。

 

まず人間の身体は

小さな細胞1つ1つから

出来ています。

その数なんと60兆個。

そして細胞たちは

毎日生まれ変わっているんですね。

 

早いものだと、

腸や胃の内壁細胞は5日ほど、

皮膚は28日、赤血球は120日ほどと

言われています。

これらすべての細胞がクリアに

生まれ変わって、入れ替わるのが

約半年。

 

細胞の原材料は何かというと、

様々な種類のたんぱく質

 

たんぱく質の補給はどこからかというと、

食事。

 

つまり

半年後の細胞は今の食事からも

作られているってことです。

 

この事実に

目からウロコで感動したんです。

言われてみれば

当たり前のことなのかもしれませんけど。

 

半年前に何を食べていたかな、なんて

思い出せる人がいたら天才。

でも、

忙しくてろくに食事を取っていなかったとか、

外食ばかりだったとか

大まかなところは思い出せるはず。

今の体調不良や肌荒れは

もしかしたらそこから来ているのかも。

 

って考えると

これまで以上に食事のことを

真面目に考えなきゃいかんなと

思ったわけです。

 

その時講師をしてくださった方は、

ご自身も辛い体調を抱えていた際に

食事改善を実践することで

健康を取り戻し、さらにはダイエットまで

成功させちゃいました。

 

さらにはアレルギーもきれいさっぱり

なくなったということで…

 

もうこれは

やってみるしかないと

思いました。

 

お金がかかるものは継続できないから、

日常生活でちょこっと気をつけるだけ。

習慣をちょこっと変えるだけ。

そのちょこっとをやり始めて

今3ヶ月。

 

春になる頃には

また何かしらの変化があると

嬉しいのだけれど。

 

具体的に何をやっているかは

また次回。

 

 

 

はじめまして、ブログ。

f:id:pepeuna1320akc:20170126225745j:image

寒さが厳しい日々の中で、

梅がほころんでいるのを見ると

ああ、頑張ろうって思います。

 

はじめまして。

あきママと申します。

 

埼玉県で生まれ育ち、

大人になった今も埼玉で子育てしている

2児の母です。

 

自分自身もアトピー持ちで、

幼い頃から夏は包帯ぐるぐる巻きの

冬はカサカサ乾燥肌に悩まされてきました。

 

中学以降、症状は落ち着いたのですが

出産を機に再発。

 

さらには

第1子である長男も

第2子である長女も

アトピー持ちと診断されてしまいました。

 

治っていたはずなのに、

またぶり返したことに疑問を抱き、

2015年冬に家族全員の

ステロイドを決行。

 

今現在、長男はつるっとした

綺麗なお肌になりました。

でも、ここに至るまでには

ステロイドのリバウンドで

全身赤くなってしまい

掻かずにはいられない日々。

ついには幼稚園も行けなくなり、

一月あまりお休みしました。

ひどく搔き壊してしまうため、

常に手袋を付けて

外さないように包帯でぐるぐる固定して。

虐待じゃないかって

自己嫌悪の日々を送ったり、

痒みに付き合って

一晩中寝れない日々を過ごしたり。

 

しんどいこともいっぱいありましたが、

結果としては

早めに脱ステロイドをして

ほんとに良かったと思います。

 

長女と私に関しては、

夏には落ち着いていたはずなのに、

冬に入り、乾燥に負けて

カサカサ赤みのお肌に

なってしまっているので

何か良い対策はないものかと

試行錯誤の日々。

 

私は、アトピーケアの鍵になるのは、

食事と入浴だと思っています。

もちろんお部屋の掃除や

布団のケアなんかも大事です。

まだまだ新築の我が家では

ハウスダストに悩まされる日々なので

少しでも良い環境になればと思い、

空気清浄機も大型のを設置しました。

それらはこまめに淡々とこなすものとして、

日々の生活に密に関わってくる要素としては

やはり、この2つだと思います。

子供たち、

また私自身の身体の反応も見る限り、

お肌の状態の良し悪しや、

かゆみの直接的な原因になる割合も

結構大きいと思います。

 

今の時代は情報過多で

アトピーを治すためには…という

情報があふれています。

 

何が効いて、何が効かないのか

個々の体質によるかとは思いますが、

私自身がやって良かったこと、

気をつけていること、

リアルな情報を

お伝えしようと思っています。

 

拙い文章ではありますが

これからどうぞ、宜しくお願いします。